@えぬログ

20代のITフリーランスエンジニアの雑誌ブログ■フリーランス情報■仕事論■都内近郊のおすすめ情報■おすすめグッズ などを掲載

@えぬログ

あなたの音楽が変わる!見た目◎音質◎リケーブルもできるイヤホンが捗る

f:id:jasmin_love:20180519111633p:plain

「イヤホンって種類が多すぎて何を選べばいいのかわからない...」

世の中には様々なイヤホンがあるからわからないですよね。

今回はそんな方の中から、

  • iPhone付属のイヤホンよりワンランク上のイヤホンが欲しい
  • カナル型のイヤホンが欲しい
  • 見た目に高級感のあるイヤホンが欲しい

このようなことを考えている方におすすめしたいイヤホンがあります。

それが、

Auglamour R8

というイヤホンです。

大人気の高音質で高級感のあるイヤホン

eイヤホンで頻繁に挙げられている商品です。

実際に秋葉原のeイヤホンで購入したのですが、視聴してる間も次々に売れていく状態でした!

今回はそのレビューです

外観

f:id:n38243824:20161006091917j:plain

外見で第一に感じたのは、

高級感があるということ

見た目が数万円クラスのハイエンドに劣らないのは素晴らしいです。

シルバーとブラックがありますがシルバーがおすすめです!

耳の形に沿った形状になっているところはケーブルにプラスチックが被さっています。

適度な硬さなので耳に沿わせて形を整えたらフィットします!

リケーブル

リケーブルとは、

コード部分だけ交換すること

です。

コードが断線してイヤホンを買い替えたという方も多いのではないでしょうか?

特にイヤホンと機器に接続する部分が断線する。。。

Auglamour R8は、何と言ってもリケーブル可能というところが利点ですね

安い製品なのに面白いです。

2pinケーブルなのでお間違えのないように。

専用のケーブルも出てます!

Auglamour R8 upgrade line

という商品です。

 

コアな層はリケーブルによって音質をさらにあげることを目指します。

リケーブルってほんとに音変わるか疑っていたのですが。。。

ケーブルで音が変わる???

今回Auglamour R8 upgrade lineを使ってみたところ、より音が鮮明になったのをはっきりと感じるレベルでした!

ただ一緒に買わなくても後から追加でもいいかなと思います。

音質

リケーブル前は5000円代のコスパ商品と同等な感じできれいに鳴ってくれます。

特定の音域を強調することもないので聞きやすいです。

とにかく原音に忠実、フラットな印象です。

低音を強調して迫力を増したり、高温が耳に響いたりしないです。

リケーブル後はさらに鮮明に音を感じることができるので、音楽の世界に浸ることができました。

口コミ

イヤホン・ヘッドホン専門店eイヤホンの口コミを抜粋しました。

このイヤホンは私のeイヤホンデビューの品です。
発売されてから数日後に買い、今でも大切に使っています。
低音向けと聞いていましたが高音も低音もバランス良く出てくれるのでとても満足です。
エージングをすることでこんなにまろやかになるのかって思いました。
最近になって、純正のアップデートケーブルが気になってきて、いつかリケーブルしてみたいと思います。

エージングとは、イヤホンでしばらく音楽を流し続けることです。

新品時より音が多少変わると言われています。

いい意味で光るところがなく疲れない音
音に角がなく、聴きやすく、高音も耳に刺さらない。
低音もド迫力でもなく、中高音の音を邪魔しない。
きわめて普通のモデルだと思う。
もう少し意地悪な表現で詳しくのべると、全ての音域が過不足なくお互い邪魔をせず平均的に出ている。
音の拡がりが狭いわけでもなく、かといって広いわけでもない、また音が浅いわけでもなく、かといって深いわけでもない。
解像度が低いわけではなく、かといって高いわけでもない。
すっきりした音でもなく、かといってこもっているわけでもない。
まあ、特徴らしい特徴が見出だせない。
しかし、特徴がないということは音がバランスよく出ているということでもある。

基本に忠実なイヤホンであることがわかる口コミです。

コスパ最高‼
コスパ最高‼~ヽ(*´▽)ノ♪
本物の名品です‼

 コスパ最高という気持ちが溢れている口コミです。

まとめ

  • 付けた時の感じがカスタムイヤホンっぽい
  • 音質がいい
  • リケーブル可能なので断線時も対応できる

コスパ最高のイヤホンですね。

中国、韓国のイヤホン業界はほんと最近侮れないですよ。

普段中国製は買わないんですけどね。

印象が変わりました。

それではまた!